社員がラジコンを作ってきました

KSF@仙台の社員が3連休に趣味の電子工作でラジコンを完成させてきたのでお披露目。Aruduino UNOにサインスマート(SainSmart) のUSBホストシールド載せて、BluetoothのUSBドングルとPS4のコントローラーでペアリングして制御します。モーターはミニ四駆用のトルクチューンモーターとのこと。

会議室で障害物をがんがん乗り越えるラジコンを見て、Aruduino触りたい熱が大分高まりました! .

仙台にオフィスグリコが無かったのでつくってみた

こんにちは、藤浦@KSF仙台です。KSF@仙台の社員も順調に増えてきたし、福利厚生の一環としてオフィスグリコでも導入しようかなーと思ってオフィスグリコの公式サイトにアクセスしたら愕然としました。サービスエリアが「首都圏」「愛知」「近畿」「広島」「福岡」・・・。仙台どころが東北が一県もエリアに入っていないよ!?

まあサービスがなかったら作ればいい、ということで近くのイオンでクリアケースを買ってきました。早速お菓子を詰めましょう。こちらが第一弾のお菓子たちです。
DSC_1352

クリアケースに格納されるお菓子たち
DSC_1365

クリアケースの上に貯金箱を置いて完成です。

オフィスグリコ完成図
クリアケースの上に貯金箱を載せてオフィスグリコが完成しました

中身はおいおい充実させていくつもりだけど、西友五橋店だとじゃがりことかジャガビーが大体100円以下で買えるので結構お得なラインナップになりそう。 .

IoTLT@仙台の第1回目に参加してきた

藤浦@KSF仙台です。

7月1日に行われたIoTLT@仙台に参加してきました!
https://www.facebook.com/groups/iotlt.sendai/

自分は組み込みとはいってもずっとフレームワークやMW中心でやってきたので、HWのことはあまり分からないのですが、それでも楽しい勉強会でした。会場は仙台MTビル(東口にあるハロワとか大戸屋の入ったビル)富士通システムズ・イーストさんのセミナールームをお借りしての開催だそうです。

IoT関連で気になったキーワードメモ

技適/技適マーク

特定無線設備の技術基準適合証明等のマークのこと。総務省が国内利用を認めた無線機にはこれがつく。逆に技適マークがついていないモジュールを国内で利用すると違法となる可能性がある。

Arduino(アルデュイーノ)

初心者が扱いやすくしたマイコンボードと開発環境一式。具体的には、AVRマイコン(ATMEL社がリリースしているマイクロコントローラ)、I/O(入出力)ポートを備えた基板、C言語風のArduino言語による統合開発環境、から構成される。

MQTT

機会間の相互通信について規定したプロトコル。IoTに使われる。MQTTサーバー(ブローカーという)を介してパブリッシャーとサブスクライバーがつながる。
参考:
https://sango.shiguredo.jp/mqtt

ESP8266

格安Wi-Fiモジュールで技適も通っている。
参考(日本のユーザーグループ):
https://www.facebook.com/groups/927623023964478/
ファームウェアの書き換え方法によっては技適を失う可能性があるので注意が必要。より小さいESP8285が開発されているといううわさも。

ESP-WROOM-02

ESP8266EXを搭載したマイコン。Aruduino用のマイコンとして使用可能。

Tensilica

ESP8266に搭載されているCPU。

Espressif Systems

ESP8266の開発元

milkcocoa(ミルクココア)

フロントエンド開発ライクなやり方でバックエンド実装を提供してくれるサービス。BaaS。

Robip(ロビップ)

ビジュアルプログラミング(ロジックをブロックの組み合わせで記述)でHaLake Kit用のプログラムが可能なプログラミングツール。ニャンパス株式会社が開発している。

HaLake Kit(ハレイク キット)

Wi-Fi経由でプログラムが書き込める開発ボード。センサーとしては3軸の加速度センサーとタクトスイッチを搭載。Wi-FiモジュールとしてESP8266を搭載している。ニャンパス株式会社が開発している。

IFTTT(イフト)

サービス間を連動させる?
If this then that。「この状態ならあれする」

Raspberry Pi(ラズベリーパイ、ラズパイ)

シングルボードコンピュータ。イギリスのラズベリーパイ財団によって開発されている。現在は第3世代に相当するRaspberry Pi 3まで発売されている。これまでに発売されたのはRaspberry Pi 1 Model(A/A+/B/B+)、Raspberry Pi 2 ModelB、Raspberry Pi 3 ModelB。2016年の年末にはMicro Raspberry Pi 3が$24位で発売されるってうわさがあるけど、やっぱりWi-Fiモジュールは搭載されてないっぽい。海外サイトで”Micro Raspberry Pi 3 out soon”ってタイトルで微妙に拡散されている。

ubidots

センサーデータをリアルタイムで可視化するサービス。データソースと変数(Variables)を作成して使用する。クラウドサービス。

ESPr One(エスパーワン)

FootNavi(フットナビ)

three.js

Koshian(コシアン)

Bluetoothのスマートモジュールで、Konashiにも搭載できるし、直接ブレッドボードに配置することも出来る。

0SIM

Nefry(ネフリー)

Nefry(ネフリー)は愛知県の学生である、わみさんが開発したFRISKサイズのIoT向けデバイス。ESP-WROOM-02 Wi-Fiモジュールを標準で搭載しており、IoT初学者に手が出しやすい。ArduinoIDEで開発が可能。ドットスタジオ(https://dotstud.io/)から購入できる。各種デバイスをプラグアンドプレイ的に扱えるGrove用のコネクタも搭載している。
参考:NefryのSpecificationとかManualとか(Japanese)
https://wamisnet.github.io/Nefry_manual.pdf

GR-SAKURA

RXファミリRX63NグループMCU用のGRリファレンスボード。搭載しているマイコンはRX63N(R5F563NBDDF P 100pin QFP)

GPIO(汎用IO)

GPIO=General Purpose Input/Outputの略。電圧の有無でON/OFFを切り替えることで入出力が可能。

SoC(SOC)(エスオーシー)

System on a Chipの略。sillicon on a chipって言っているサイトもあったけど、英語版WikipediaによればSystem on a Chip。システムの動作に必要なものを1つのチップにまとめる方式。例えばRaspberry PiにはBroadcom社のSoCが搭載されている。

ASIC(エーシック)

Broadcom(ブロードコム社)

Raspberry PiにSoCを提供している。Raspberry Piに搭載されているチップとしてはBCM2835、BCM2836、BCM2837などがある。

UART(ユーアート)

Universal Asynchronous Receiver Transmitter の略でシリアル通信装置の一種。マイコン間でデータを交換したり、マイコンのデータをRS-232Cに変換して出力するために使用される。基本的には送信であるTX、受信であるRX、そしてGNDの3線で通信を行うが、この3線式はノイズがのりやるいとのこと。UARTの電源電圧はマイコンの電源電圧に左右されるため、5V、3.3V、2.5V、1.8Vなどが存在する。UARTの電圧が異なるマイコン間をつなぐにはレベルシフト回路をつなぐか、RS-232Cなどへの変換モジュール介すやり方がある。
参考:
http://www.ele-lab.com/tips_uart.html

I2C(アイツーシー)

Inter Integrated Circuit の略で正確には「I2C」と書いてアイ・スクウェア・シーと読む。2本の信号線SCLとSDAで比較的短距離間のシリアル通信に使用される。

SPI

SPIとはSerial Peripheral Interfaceの略。 基板上のIC間で使われるシリアル通信の規格の一つで、同期型。SPIバスとはSCK(シリアル・クロック)と単方向のSDI、SDOの3本の線からなる。同じ基板上にいるのでGNDは無くてもよい。

Grove System

http://www.seeedstudio.com/wiki/Grove_System
Grove is a modular, ready-to-use tool set. Much like Lego, it takes a building block approach to assembling electronics
すぐに使えるモジュールのセットで、レゴのように(ブロックを組み立てるように)電子工作が可能。全てのコネクタがベースシールドで囲まれた4ピンコネクタ(信号1、信号2、VCC、GND)に標準化されているのが特徴。little Bitsほどではないけどかなり簡単に電子工作ができそう。

ブレッドボード

リード線を用いて簡単に半田付けなしで回路を作成するためのボード。元々はパン用のまな板に釘で回路を打ちつけていたのが名前の由来だとか。

myThings

IoTプロダクトやWEBサービスを組み合わせてソリューションを作成するアプリ。多数の企業がチャンネルとして参加している。

BLE

Bluetooth Low Energyのこと